【メモ】青山ヴォイス・メイクアップアカデミー第4回目のレッスン〜ボイス・メイクアップコース〜




青山ヴォイス・メイクアップアカデミー第4回目のレッスンを受けてきた

どうも、Kenです。ビート、刻んでます。

 

第3回目のレッスンから一週間ぶり。

青山ヴォイス・メイクアップアカデミー第4回目のレッスンは次のような内容でした↓

  • 準備体操(舌、あくび、リップロール、あとはストレッチ、普通の体操、声を出しながら)
  • 姿勢のチェック(後頭部、肩甲骨、尻、かかとが付いているかチェック)
  • 腹式呼吸トレーニング(座りながらの後、立って)
  • 発声練習(ハミング、あー。低音。斜め上に声を出す)
  • 高音の練習(あ、あ、あー。声がでる)
  • 鼻腔の練習(nああーあ)
  • 滑舌の宿題チェック → できていると褒められる
  • スピードアップした滑舌練習
  • 宿題を出す

今回のレッスンで出てきた新しいことは次の2つ。

 

「あえいうえおあお」にリズムをつける

前回の宿題で出された「あえいうえおあお」をゆっくり繰り返すことに成功したので、

今回からちょっとスピードアップ。

メトロノームを使ってリズムに合わせて「あえいうえおあお」の練習です。

普通は120BPMらしいのですが、今回のトレーニングでは、

150BPM

の速度で「あえいうえおあお」。

息継ぎも難しく、まだついていけませんでした。

 

「い・う」の繰り返し

新しい滑舌練習で、

「い」と「う」をひたすら繰り返します。

「い」は口を横に広げて発音し、「う」は口をすぼめるので表情筋のトレーニングになるのだとか。

この「い・う」を150BPMのリズムでひたすら繰り返し。

 

「ら・な」の繰り返し

次は舌の動きを強化するために「ら」と「な」を繰り返します。

「ら」は舌を上の歯茎につけて弾いて音を出しますが、

「な」は舌を上の歯茎につけて鼻から抜けるように声を出します。

この2つの音「ら」と「な」を連続で出すのが意外に難しい。

速くすると「らな」から「らら」になってしまいました・・・・!

これも150 BPMの速さで挑戦。

 

 

宿題

今回の宿題は次の4つ。

 

「あえいうえおあお」を高低つけて

今まで練習してきた「あえいうえおあお」を音の高低をつけて練習。

 

「あえいうえおあお」を150BPMで

「あえいうえおあお」の速さを強めて、

150BPMのリズムで練習。

1行につき4回繰り返す。

リズムにはメトロノームのアプリを使用する。

 

「い・う」の繰り返し

表情筋のトレーニングで「い」と「う」を繰り返し。

これも150BPMの速度。

 

「ら・な」の繰り返し

舌のトレーニングで「ら」と「な」を繰り返し。

これも150BPMの速度。

 

それでは!

Ken