【メモ】青山ヴォイス・メイクアップアカデミー第5回目のレッスン〜ボイス・メイクアップコース〜




青山ヴォイス・メイクアップアカデミー第5回目のレッスンを受けてきた

どうも、Kenです。ビート、刻んでます。

 

第4回目のレッスンから1ヶ月ぶり。

ICL手術後にようやく視力が落ち着いてきて、自主ボイトレを復活させ、レッスンを受けてきました。

青山ヴォイス・メイクアップアカデミー第5回目のレッスンは次のような内容でした。

忘れぬうちにメモしておきます↓

  • 準備体操(舌、あくび、リップロール、ストレッチ、普通の体操、声を出しながら)
  • 姿勢のチェック(後頭部、肩甲骨、尻、かかとが付いているかチェック)
  • 腹式呼吸トレーニング(座りながらの後、立って練習。舌で息の通り道を塞いで負荷強化)
  • スタッカート(60秒、120BPM。インターバルは30秒)
  • 発声練習(ハミング、あーを低音で。斜め上に声を出す)
  • 高音の練習(あ、あ、あー。声がでる)
  • 鼻腔の練習(nああーあ)→ 鼻腔共鳴を褒められる
  • 滑舌の宿題チェック
  • 新たな滑舌のトレーニング(ラヌ・ラノ)
  • 宿題を出す

今回のレッスンで出てきた新しいことは次の2つ。

 

その1. 空気の抜け道を塞いで腹式呼吸

これまでの腹式呼吸では、歯の間から空気をはいて腹式呼吸していました。

しかし、その状態だと呼吸するための筋肉に負荷がかからないため、

「舌で空気の通り道を制限して腹式呼吸してごらん?」

と言われて実践してみると、

死ぬほどきつい。。

もはや酸欠状態の一歩手前ぐらいまで追い込めて、久しぶりに腹式呼吸で死にそうになりました。

やはりボイトレは「運動」、いや、「修行」に近く、追い込めば追い込むほど効果が期待できるようです。

 

その2. 「ら行」と「な行」往復の応用

前回宿題で出されていた、

「ラナ」

の繰り返しはマスターしていたので、今度はその応用版の、

  • ラノ
  • ラヌ

の2つ。

「ラナ」は「ら行」と「な行」で母音が同じだったので、口の形が似ていましたが、今度は母音も変わるので口の動きがより複雑になります。

ラヌを何回も言っていると、

「ラヌラヌラヌラヌラヌ ナルなるなるなる」

というように、いつの間にか「ラヌ」が「ナル」になっていた時がありました。

さらにそれと似た動きの「ラノ」も動かしにくさを感じました。

 

 

宿題

今回の宿題は次の2つ。

 

「あえいうえおあお」を150BPMで引き続き

滑舌を強化するため、「あえいうえおあお」を150BPMで引き続き練習。

リズムにはメトロノームのアプリを使用する。

 

「ラヌ・ラノ」の繰り返し

滑舌練習の応用版。

ラヌを4回、ラノを4回。

それぞれ120BPMで連続して言えるようにする練習。

 

 

それでは!

Ken