ICL手術3日前から前日までの流れ




ICL手術前の流れを書いておこう

どうも、Kenです。サンドイッチで、耐えてます。

 

眼内にコラマーレンズを埋め込む視力矯正手術ICL。

手術を受けて今日で3日目になるのですが、なんとかこうして記事をかける状態まで回復しました。

「ICL手術」という稀有な経験をしてきたのでいろいろ記事を書こうと目論んでいるのですが、今日は、

ICL手術前の流れ

をまとめておこうと思います。

 

ぼくがICL手術を受けた医院では次のような流れ↓

 

icl 手術前

 

3日前から感染予防の目薬

手術3日前から準備が始まります。

まずやらねばならんのが、

クラビット点眼液1.5%

を1日4回(朝・昼・夕・夜)点眼することです。

icl 手術前

くすりのしおりによると「クラビット点眼液1.5%」は、

細菌のDNA複製を阻害し、増殖を阻害することにより、抗菌作用を示します。
通常、結膜炎や麦粒腫(ものもらい)などの治療、また、眼科手術前後の感染予防に用いられます。

らしいですね。ICL前の検査で処方されました。

 

目にさしても痛いわけではなく、普通に目に馴染みやすく、

「ちょっと目が潤うな・・・」

ぐらいに感じるだけでした。

目薬が苦手な方でも問題ないと思います。

 

1日4回、手術3日前からさすので、手術当日まで合計12回さすことになりますね。

遮光袋に入れて保存することをお忘れなく↓

icl 手術前

 

1日前からアベロックス400mg

飲み薬もありました。

 

手術前日の朝に、

アベロックス400mg

を一錠服用します。

検査時に2錠処方されますが、残り1錠は手術当日の朝に服用する分ですね。

icl 手術前

「アベロックス」という薬もくすりのしおりで調べてみると、

ニューキノロン系の抗菌剤で、細菌などの増殖を阻害することにより抗菌作用を示します。
通常、呼吸器感染症、副鼻腔炎、皮膚感染症、外傷・熱傷・手術創の二次感染などの治療に使用されます。

で、抗菌目的で服用するようです。

服用後は眠くなりましたが、副作用は発生せずにすみました。

 

1日前から禁酒

あとはお酒。

ICL手術の前日は禁酒がすすめられました。

もともとお酒を日常的に飲む者ではなかったのであまり影響ありませんでしたね。

 

 

ICL手術前日までコンタクトレンズはオッケーだった

以上がICL手術前の流れでした。

いい感じにまとめると、

3日前から目薬を点眼し始めて、前日朝に飲み薬を服用する

ぐらいの準備でしたね。

あとは禁酒。

icl 手術前

それ以外に言われることはなく、

コンタクトレンズも手術前日まで着用して良いみたいでした。

ぼくも最後にコンタクトレンズをつけて外出してみましたが、無事に手術を終えられるようです。

次回はICL手術当日の体験談を書いてみようと思います。

 

 

お知らせ

ICL手術の体験を1冊の本にまとめました。

ICL手術の1体験者として、良いところも悪いところも包み隠さず赤裸々に書いてみました。

Amazonの独占販売なのでKindle Unlimitedプライム会員の方ならKindle Owner’s Libraryにて無料購読できます。

ICLに興味がある方はよかったら参考にしてみてください。