3分でわかる!ICL手術とは何なのか?〜フェイキックIOLとの違いもすっきり〜




 

この「ICL体験記」ではICLという視力矯正手術を体験した僕の体験談を書いてみました。

 

実際に内容を見て行く前に、じゃあ、

そもそもICLとは何なのか?

という「そもそも」を一旦整理してみましょう。

僕は眼科医でもないので「正しく理解して選ぶ 視力矯正治療」という眼科医によって書かれた本を参考に情報を整理してみました。

 

フェイキックIOLとは何か??

ICLを語るためにはまず「フェイキックIOL」が何かを知らなければなりません。

フェイキックIOLとは英語で

Pseudophakic Intraocular Lens

のこと。

「pseudophakic」は水晶体を残したままの、「Intraocular Lens」は眼内レンズという意味。つまり、

水晶体を残したまま挿入する眼内レンズ

という意味です。

水晶体を傷つけずに目の中にレンズを挿入するレンズのこと「フェイキックIOL」と呼んでいるのですね。

別名「有水晶体眼内レンズ」とも呼ばれています。

 

フェイキックIOLの種類

そして、このフェイキックIOLには次の2種類があります。

  • 前房型レンズ
  • 後房型レンズ

これらは眼内レンズを入れる位置によって違います。

まず前房型は角膜と虹彩の間にレンズを入れます。

一方、後房型は水晶体と虹彩の間にレンズを入れます。

ちょっと前まで前房型のフェイキックIOLが主流でしたが、長期的に見ると、角膜内皮細胞に影響が出ることが発覚。

そして、近年では後方型のフェイキックIOLが主流になっています。

角膜から離れた「水晶体と虹彩の間」にレンズを入れるので、角膜の内皮細胞に影響を与えづらいのですね。

 

そして、この現在主流となっている「後方型フェイキックIOL」の中の1種類が「ICL」なのですね。

 

ICLとは??

ICLとは、

Implantable Collamer Lens

の略で、日本語訳すると

移植可能なコラマー素材のレンズ

です。

こらまー素材とは、コラーゲンとHEMAというアクリル素材からできる柔らかい新しい素材。

小さくたためるのがメリットで、レンズ挿入のために必要な切開の傷が小さくて済むのです。

こちらのICLは、2010年に日本で厚生労働省の認可がおりて、手術できるようになりました。

 

ということで、ICLは後房型のフェイキックIOLの一種なので、

水晶体と虹彩の間にレンズを入れます。

つまり、フェイキックIOLは、目の中の黒い真丸(虹彩)の後ろにレンズが入るんですね。

今までつけていたコンタクトレンズよりも目の後ろにレンズがある状態になるのです。

 

 

こうやって整理してみると、フェイキックIOLとはICLの違いが明らかになってきました。

その違いはずばり「対象の広さ」です。

 

ICLはフェイキックIOLといえますが、すべてのフェイキックIOLはICLではないのです。

フェイキックIOLの中にはICLのような後房型だけでなく、前房型もありますからね。

 

つまりこうとも言えます。

ICLはフェイキックIOLですが、フェイキックIOLはICLではないのです。

 

これは犬に例えると分かりやすいです。

チワワは犬だけど、犬はチワワではないことと同じです。

 

ぜひ手術を検討する前に

  • フェイキックIOL
  • ICL

の違いを抑えて知識武装しておきましょう。

 

 

お知らせ

ICL手術の体験を1冊の本にまとめました。

ICL手術の1体験者として、良いところも悪いところも包み隠さず赤裸々に書いてみました。

Amazonの独占販売なのでKindle Unlimitedプライム会員の方ならKindle Owner’s Libraryにて無料購読できます。

ICLに興味がある方はよかったら参考にしてみてください。