ICL・レーシック視力矯正手術に関するおすすめの本・書籍




ICL・レーシック視力矯正手術を受ける前に本を読んでおきたい

ICL・レーシックの手術を受けるのは正直怖いですよね。

もしかしたら失敗するかもしれませんし、そもそもICLやレーシックが医学的に正当性のあるものなのか確かめたいです。

そこでおすすめなのが、

ICL・レーシックの手術を受ける前に、視力矯正手術の本を読んで知識武装する方法です。

今日は僕自身、ICL・レーシックについての書籍を多く読んできたのでおすすめのものを紹介しますね。

 

「め」は大事

実際にレーシック手術を受けたホリエモンのレーシック・ICLについての本です。

レーシック、ICL、オルソケラトロジーなどを最先端の視力矯正技術が紹介されています。

また、ICL手術を実際に受けた寺田さんの体験談などが記載されていて、読んでいるだけで手術のリアルさが伝わってきますね。

また、巻末にはレーシック、ICLを実際に受けた人の体験談・感想が一覧でまとまっているので、視力矯正手術の口コミ・評判を確認したい時にオススメの1冊。

僕はあろうことか、この1冊を読んで手術を受けきました笑

 

正しく理解して選ぶ 視力矯正治療

視力矯正手術の概要がわかりやすくまとめられた一冊です。

特に印象に残っているのは「目の調整力」の大事さです。

ICLやレーシックでは、「遠くを見る力」が評価されすぎていて、近くを見るために焦点を調節する「調整力」についてはあまり重視されていない傾向にあります。

なんと、この調整力は6歳をピークに徐々に年齢と共に下がっていくようですね。

視力矯正手術を受けるときは、調整力をゼロにした状態で検査するのが望ましいらしく、この処置をしていないクリニックでは手術をしない方がいいというアドバイスもありました。

本当に分かりやすく、綺麗に視力矯正手術の内容がまとまっているので、僕自身、手術を決心する前に読んでおけばよかったなあと思った次第です。

 

世界最高医が教える目がよくなる32の方法

深作医院の深作先生による本です。

この本でも強調されていたのが調整力の大事さです。

歳を取るにつれてどうしても水晶体を引っ張って調整する力が衰えていくので、どうしてもすべての距離の視界をクリアに見たい要望には応えられなくなっていきます。

そこで著者が開発したのが、片目ずつ焦点が合う距離を変える方法。

例えば、片目は遠くへピントが合うようにし、もう片方は近くに焦点があうようにしておけば、近くも遠くも見えるようになるようです。

また、このような最先端医療だけではなく、日頃から目の健康を保つノウハウも紹介されていました。

例えば、アメリカ眼科会の推奨している「20-20-20」という方法。

これは20分頃に20秒ほど20フィート(6メートルほど)以上遠くを眺めるのです。

デスクワークが長く続いたり、スマホを長時間見すぎたりする方にとって、遠くに焦点を合わせて調整力を司る筋肉を休ませてあげる方法が有効のようです。僕もこの本を読んでから目をいかに休ませるかということを考えるようになりました。

 

32才、レーシックしてみた。

実際にレーシック手術を受けた方の体験談が生々しく掲載されている書籍。

ぼく自身、ICL手術を経験してきましたが、別の視力矯正手術のるレーシック手術は様子がわからなかったので参考になりました。

著者がなぜレーシック手術を決意したのか?という根本的なところから、手術中の様子まで割と細かく描かれています。

ICLとは異なり、レーシックの場合は角膜にフラップという切れ目を入れ、そこにレーザーを当てて角膜を削って光の進み方を変化させて網膜で焦点が結ぶように調整していきます。

そのため、角膜を削ることになるので、副作用として手術後に涙が出てくることは知りませんでした。手術の体験という1面を切り取ってもレーシックとICLではなかなか違うのですね。

この著者の方は、レーシック手術に対してかなり中立な立場をとっています。

ハロー現象、ドライアイなどをレーシックのデメリットまで赤裸々に書いているので、レーシック手術を検討している方は参考にすると良いでしょう。

 

あなたのこども、そのままだと近視になります。

地球規模で進行している近視はなぜ起きているのかを掘り下げた一冊です。

ズバリ著者の研究から、太陽光の可視光線に含まれる波長38 nm の「バイオレットライト」が近視の進行を抑制する光として注目されています。

なぜ、このような380nm の波長の光が浴びることが少なくなったかというと、近年のUVカット技術の発展があったからです。

窓にメガネにUVカット技術が施されているケースが多く、現代人は紫外線をカットされすぎているのです。

その場合、このギリギリ可視光に含まれる380nm という波長の光もカットしてしまった結果、近視の進行が世界中で広がっていると書いています。

この本を読んで、太陽光を浴びることの大切さを痛感。

ICL手術を受ける際には、バイオレットライトと呼ばれる380 nm の光がカットされていないか確認するといいでしょう。

 

心療眼科医が教える その目の不調は脳が原因

物が見える現象は目の働きだけでなく、脳が関係している、という主張を持っている著者。心療眼科という「心療科」と「眼科」が合体したような学問があるらしく、そこの権威が書いた本ですね。

この本には、ものすごく細い目の不定愁訴が紹介されていて、今まで答えることができなかった症状に病名、そして原因を見出しています。

レーシック、ICL といった視力矯正手術をすると、手術後に色々な目の不調が出て不安になるかもしれません。

そういったときはこの本を見返して、目の機能的な衰えだけでなく、脳に問題がないか考えてみようと思わされた一冊でした。

 

目にかかるカネとリスク

週刊ダイヤモンドの「目にかかるカネとリスク」という特集をまとめた書籍。ジャーナリズムの観点から様々な角度で視力矯正手術の実態をまとめているのが面白いですね。

参考になったのが、レーシックなどの視力矯正手術ビジネスの実態です。

昨今、美容クリニックなどの参入により、過当競争が起きて、まさかのレーシック手術のコモディティ化。レーシック手術の単価が落ちて経営が厳しくなっているようです。

生き残るためにくそ高価な機器を導入せざるを得なくなり、利益を出すためには1日あたり100件の手術が必要になっているようです。

僕自身、手術を受けたクリニックが閉鎖してしまった身です。

この本を読むまでは、視力矯正ビジネスは儲かりそうなイメージだったので経営破綻に納得いかなかったのですが、この本を読んで視力矯正手術ビジネスの厳しさ、決して表には出てこないビジネス裏側を知れて有益でした。

 
 

お知らせ

ICL手術の体験を1冊の本にまとめました。

ICL手術の1体験者として、良いところも悪いところも包み隠さず赤裸々に書いてみました。

Amazonの独占販売なのでKindle Unlimitedプライム会員の方ならKindle Owner’s Libraryにて無料購読できます。

ICLに興味がある方はよかったら参考にしてみてください。