手術を受けてみてわかった!ICLのメリット・デメリット




ICL手術を受けてから早2年が経ちました。

今ではICL手術前のメガネ、コンタクトで食いつないでいた過去が遠く昔のように感じられます。

ぶっちゃけ、ICL手術を受けてから、いいことも悪いこともありました。

今日は手術体験者の1人として、ICLのメリット・デメリットを紹介しますね。

レーシックなど他の視力矯正手術と比較してではなく、1体験者として、

手術前後でどう人生が変わったのか?

を書いておきます。

 

ICLやってよかったこと(メリット)

まずICL手術を受けてよかったことですね。

 

意思決定数が減った

ICLをやって良かったことの1つは、日常生活の意思決定数が減ったことです。

メガネ、コンタクト時代は毎日必ず、

今日はメガネにするか?コンタクトにするか?それとも裸眼で過ごすか?

という「視力に関する意思決定」が生じていました。

 

つまり、自分の視力をどうコントロールするか決めなければなりませんでした。

あの頃はそれが当たり前でしたが、ICL手術を経験して視力が回復してから振り返えると、生活における意思決定数が減った結果、生活がよりシンプルになりました。

その結果、視力以外の他のことに頭や時間を使えるようになったのです。

 

メンタリストのDaigoさんが「自分を操る超集中力」の中で、

集中力を上げるためにはウィルパワーを節約しなければならない

と書いていました。

ウィルパワーとは意思決定するごとに減るもので、意思決定数を日常で減らす、つまり習慣化させることが集中力アップにつながると。

まさに、ICL手術することは、メガネ関連の意思決定を毎日の単位で減らせるので、ウィルパワーを節約して他のことにエネルギーを避けるようになります。

僕自身、ICL経験してから仕事や勉強の効率がはかどり、人生が大きく変化してきました。

 

持ち物を減らせる

ICL手術をすると、メガネ・コンタクトが不要になります。

したがって、手持ちの所有物が減ることを意味します。

ぼく自身、手術が終わったらこれまで使ってきた眼鏡やコンタクトを一気にゴミ箱に捨てました。

当然、それに伴い、これまで使っていたメガネケースも破棄、コンタクトレンズの収納スペースも不要になったのです。

 

また、日常生活で所有物を減らすだけではなく、旅行などを特別なシチュエーションでも活躍します。

日常生活に必要なものが減ったので、パッキングするアイテムが少なくなりました。

具体的にいうと、メガネ用品をスーツケースに詰めなくなったのです。

もちろん、メガネ・コンタクト分空きのスペースができるので違うものを持ち運べるようになります。

 

さらに、一時的な旅行だけではなく、長期的な海外滞在も簡単になりました。

前まではコンタクトレンズを日本で大量に購入し、海外に持ち込む必要がありましたが、今ではコンタクトレンズが必要ないのでその心配も0。

コンタクトレンズの心配などもなくなり、簡単に住む場所を変えられるようになりました。

それも、海外であろうと国内であろうと、です。

結果的に、フットワークが軽くなったとも言えますね。

 

災害時の心配が減る

日本は地震、洪水、噴火、台風など様々な自然災害に見舞われます。これはこの国がここにある以上、仕方なく避けられないことです。

ICL手術をしてから、いざという災害時にも備えて安心できるようになりました。

なぜなら、すぐ逃げなきゃいけない時でも、メガネ・コンタクトレンズを持って逃げる必要がないからです。

ただ逃げるだけでいいのです。

 

地震が起きたときにメガネを紛失したりコンタクトレンズがなくしたりし、視力が弱いまま生活を余儀なくされる方が多いみたいです。

ICL手術を受けると、災害をきっかけに視力矯正手段をなくし、生活の質が落ちることも防げます。

 

見えてないものが見えるようになった

ICL手術を経験してから、これまで見えなかったものが見えるようになりました。

と言っても、スーパーナチュラルな神がかったものが見えるようになったわけではなく、細かいものたちです。

もちろん、眼鏡やコンタクトで視力矯正をしていたときもある程度見えていましたが、ICLのレンズほど完璧ではなかったのです。

これはICL手術を経験して気づいたことです。

 

「正しく理解して選ぶ 視力矯正治療」によると、ICLのメリットの1つに

「収差」と呼ばれる歪みが減って、見え方がシャープになる

 

市川一夫. 正しく理解して選ぶ 視力矯正治療 (Japanese Edition) (Kindle の位置No.1363-1364). Kindle 版.

があるようです。その結果、

ICL手術後は、レーシック手術後とは逆に、同じ視力でも色が鮮やかに見えたり、ものがくっきりとシャープに感じられたりする場合が多いのです。

市川一夫. 正しく理解して選ぶ 視力矯正治療 (Japanese Edition) (Kindle の位置No.1372-1373). Kindle 版.

のだとか。

ぼくが感じたのはもしかしたら、収差が減った結果なのかもしれません。

ただ、ICLを経験してから僕は大したものが見えるようになったわけではなく、家の中にある埃や髪の毛、ジョギングした時に見えていたはずの公園の新緑などが鮮明に目に入ってくるようになりました。

 

また、これまではスポーツ中に眼鏡やコンタクトをしていなかったので、その運動している時にも視界が良くなって、運動中の情報量が増えたこともあります。

このように24時間常時コンタクトレンズ状態になると、メガネからコンタクトレンズにデビューした時とはまたもう1段階違う体験が待っているでしょう。

 

 

ICLやって良くなかったこと(デメリット)

続いて、ICL手術を受けて感じたデメリットを紹介します。

 

ハロー・グレア現象

やはり副作用のハロー・グレア現象を抜きには語れません。

手術前にクリニックから

「もしかしたらハロー・グレア現象が出てしまうかもしれません」

と説明されていましたが、本当に出てくるとは思いませんでした。

 

ハロー・グレア現象とは簡単にいうと、

夜に強い光を見ると輪っかが見え(ハロー)、強い光に弱くなる(グレア)現象です。

手術から2年たった今は気にならなくなりますが、やはり手術したての頃は戸惑いを隠せませんでした。

しかし、ちょっと夜の光が苦手になるだけで、生活に支障が出るわけではありません。

 

クリニックが閉鎖した

ICL手術を受けたクリニックが突如閉鎖したことも驚きでしたね。

これから先、目に何か事件が起きてもサポートしてもらえません。

いきなり無料の検診期間が終了したのです。

 

しかも、患者に何の連絡もなくいきなり閉鎖ですよ?

ただでさえ目の手術は不安なのに、余計に将来が心配ではありませんか。

レーシックやICLなどの視力矯正手術の業界も景気が良くないらしく、経営悪化するクリニックが多いようです。

ICL手術を検討している方は、手術したクリニックが閉鎖して跡形もなくなることもあり得なくはないと肝に銘じておきましょう。

 

目が疲れやすい

ドライアイではありませせんですが、目が疲れやすくなった気がします。

仕事で使っているMacBook Pro 13インチから15インチに、画面がでかくなった影響があるかもしれませんが、疲れやすくなったと感じます。

長時間パソコンのディスプレイを眺めていると、まぶたが疲れて痙攣してしまうことが多々あり。

ぼくは大丈夫なんでしょうか?笑

 

近くが少し見えづらい気がする

気のせいだといいんですが、近くのピントが合いづらくなってきた気がします。

本、パソコンなどを文字が読めない事は無いんですが、どこかクリアでは無い気がします。

ICLの手術を経験すると、視力が回復して遠くが見えるようになりますが、近くがよく見えるわけではありません。

近くのものを見るためには「毛様体筋」という筋肉を収縮させ「チン小帯」という緩めたり伸ばしたりして水晶体の厚みを変化させます。

このような水晶体の厚みを調整してピントを調整する能力が年齢によって衰えるのですね。

 

残念ながら、こちらの調整力は6歳から徐々に弱っていくようです。

当然、現在30歳の僕の調節力も弱ってきているフェーズなのでしょうか。

これからちょっと心配ですね。

老眼の進行はICLのせいじゃないといいんですけどね。

 

激しい運動は控えるようになった

あとデメリットとしては激しい運動ができなくなったことですね。

手術を受ける前の説明には、激しい運動を今後控えること、など説明はありませんでした。

ただ、運動に関して気になっていたので、手術を受けてから、検診してくれた眼科医に聞いてみると、

激しい衝撃を目の周辺に受けるとレンズがずれるケースもあるようです。

医師が最近見た患者の中で、スノーボードのハーフパイプの選手がいたそうです。

彼が転倒した時にレンズがずれてして再手術をしたケースがあるようでした。

ただ、これは医師から聞いたまた聞き情報なので定かではありません。ただそれ以降、ぼくはなるべく激しい運動を控えるようになりました。

まあ、元から激しく運動はしてなかったんですけどね笑

いつかカンフーをやってみたかったのですが、敵から顔面に攻撃を受けた場合、レンズがずれそうなのでカンフーデビューできずにいます。

格闘技などやられている方は手術前によく確認しておくといいでしょう。

 

ICL手術にはいいこともあれば悪いこともある

以上、ICLのメリット・デメリットでした。

やはり良いことばかりではなく、悪いこともありました。

結果的に、喜んでICLを人々におすすめできませんね。

かといって、絶対にやめたほうがいいとも言えません。

僕自身、ICLに対して完全に「中立の立場」をとっています。

興味があればやってみるのも手術するのもよいですし、デメリットを増やさないために現状維持する選択もありです。

 

ただ、最後にこれだけは言っておきたいです。

先ほど紹介した「正しく理解して選ぶ 視力矯正治療」と言う本で、最後に眼科医が結局メガネであることが明かされます。

私は眼科医であり、最先端の視力矯正治療も手がけています。しかし、私自身はメガネを愛用しています。なぜなら、目のために一番安全な矯正方法がメガネだからです。

市川一夫. 正しく理解して選ぶ 視力矯正治療 (Japanese Edition) (Kindle の位置No.1993-1994). Kindle 版.

散々、最先端の視力矯正手術を紹介した挙句、最後の最後に「僕はメガネなんです」と告白されるわけです。

これをどう受け取るのかは読者の方次第。

ICLに興味がある方は無料検査して目の状態をチェックしてみましょう。

 

 

お知らせ

ICL手術の体験を1冊の本にまとめました。

ICL手術の1体験者として、良いところも悪いところも包み隠さず赤裸々に書いてみました。

Amazonの独占販売なのでKindle Unlimitedプライム会員の方ならKindle Owner’s Libraryにて無料購読できます。

ICLに興味がある方はよかったら参考にしてみてください。