ICL手術の一週間後検診を受けてきた話




ICL手術を受けてから一週間たった

どうも、Kenです。住民票、発行予定です。

 

眼内にコラマーレンズを埋め込む視力矯正手術ICL。

7月1日に手術を受けてからまる一週間が経過しました。

ぼくがICL手術を受けたクリニックでは手術後の検診があり、

  • 手術翌日
  • 一週間後
  • 1ヶ月後
  • 3ヶ月後
  • 半年後
  • 1年後

という頻度で、目の状態を診てもらえるのです。

先ほど一週間検診を終えてきたので、体験談を書き留めておきます。

 

 

ICL手術後の一週間後検診の内容

予定時刻から4分ほど遅れてクリニックに到着。

受付で診察カードを手渡し、待合室で待機します。

 

5分後ぐらいに、

「〇〇さん!」

と名前を呼ばれ、いよいよ検診がスタートです。

 

検査

まずは目の検査。

検査項目は翌日検診と変わらず、

  1. 度数(気球のやつ)
  2. 眼圧(空気が吹きかけられるやつ)
  3. 視力検査(Cのやつ)

の3項目。

 

視力検査では、

左2.0、右1.5弱

という結果に!!

視力の偏りが気になりますが、手術から一週間たつと視界がクリアで視力検査も楽でした。

いや、まさか左目で2.0の一番小さいCの向きがわかるとは思いませんでしたね笑

検査の詳細のデータは次のような感じ↓

視力 1.5
2.0
屈折度(近視・遠視・乱視) 球面+0.25D, 円柱0.00D, Ax 0°
球面0.00 D, 円柱0.00D, Ax 0°
角膜曲率半径 K1 44.50D, Ax 15°, K2 45.25D, Ax 105°
K1 44.75D, Ax 8°, K2 45.50D, Ax 98°
眼圧 16 mmHg
18 mmHg
検査データがほしいと頼むと紙で出してもらえます

 

診察

続いて、眼科医の先生による診察。

執刀してくれた医師ではありませんが、今日の先生はよかった。

かなり入念に、

「はい、まっすぐみてー」

「ちょっと下向いて〜、あっ斜め45度」

としっかりチェックしてもらえました。

医師によると、

「眼圧も正常だし、傷口も塞がってきているし問題ない」

とのことでした。

 

処方箋

続いて、目薬を処方されます。

次回の検診は「手術から1ヶ月後」なので、3週間分の目薬を渡してもらいました。

ICL手術 一週間

今回処方されたのは3種類の目薬を2セット。

手術当日に処方された目薬とだいたい同じだったのですが、DEXが「フルオンメトロン0.1%」に変わっていました。

ICL手術 一週間検診

くすりのしおりによると、この目薬は、

合成副腎皮質ホルモン(ステロイド)製剤で、抗炎症作用や抗アレルギー作用をもち、目のいろいろな炎症を抑えます。
通常、眼瞼炎、結膜炎、角膜炎などの目の炎症の治療に用います。

という効果があるみたいです。

DEXは炎症予防のための目薬でしたが、濃度を弱めた目薬が「フルオンメトロン0.1%」みたいです。

これらの目薬たちを手術後1ヶ月まで1日4回、5分おきにさしていきますよ。

 

と、以上がICL手術1週間後検診の内容でした。

次回は1ヶ月後検診の体験談を書いていきますね。

 

お知らせ

ICL手術の体験を1冊の本にまとめました。

ICL手術の1体験者として、良いところも悪いところも包み隠さず赤裸々に書いてみました。

Amazonの独占販売なのでKindle Unlimitedプライム会員の方ならKindle Owner’s Libraryにて無料購読できます。

ICLに興味がある方はよかったら参考にしてみてください。