ついに入浴解禁!ICL手術の翌々日にシャワーを浴びたみた話




ICL手術の翌々日から入浴が解禁!

どうも、Kenです。水やり、してます。

 

ICL手術を検討した時にもっともネックだと感じたのが、

しばらく入浴できなくなることでした。

クリニックのスタッフによると、

手術の翌々日の夕方

から入浴しても良いようでした。

それまでは「目に菌が入ってしまう恐れ」があったので顔洗も髪洗も許されなかったのです。

 

ぼくの場合、ICL手術を受けたのは梅雨開けの7/1。

「7/1の翌々日の夕方」というと、

7/3の夕方

になります。

icl 入浴

 

まともに夏場に動くと汗ダラダラになるので、汗をかかないように引きこもり生活を続け、ようやく翌々日の夕方を迎えられました。

 

 

ICL手術後にシャワーを浴びた感想

1~2日入浴しなかったのは小学校以来だったので、

ICL手術後の入浴解禁で浴びたシャワーはさぞ感動するだろうに

と思っていました。

が、しかし、実際に浴びてみると、

感動よりも不安が強かった!

 

手術後に受け取った手引書によると、

翌々日から入浴・洗顔・洗髪が可能です

と書いてある下に、

2~3日は眼の中に水が入らないように注意する

と書いてあり、さらにその下に赤字で、

万が一眼に水が入った場合は抗菌剤を点眼

と記載されていました。

シャワーを許されたものの、安心して入浴できないじゃないっすか!笑

icl 入浴

眼に水が入らないように慎重に泡立て、念入りにシャワーをあてがっていきました。

その入浴体験にもはや感動はなく、

心配、不安

が渦巻いていました。

眼に水が入って、眼の病気を発症してしまう恐れがありますからね。

 

そこでこの「シャワーの恐れ」を払拭するために編み出したのが、

入浴後に点眼のサイクルを導入する

という施策です。

ICL手術後の一週間は

  • クラビット点眼液1.5%(抗菌)
  • DEX 0.1%(炎症予防)
  • ジクロフェナック(炎症抑える)

を1日4回点眼しなければないので、この夜の点眼を「シャワー直後」におこなうようにしたのです。

icl 手術 体験談

これならば万が一眼に水が入っていようが、どのみち抗菌効果のある「クラビット点眼液」を指すので不安が少し和らぎました。

「うーん、早くこれまで通り豪快にシャワーを浴びれる日がくるといいなああ・・・・!」

 

 

お知らせ

ICL手術の体験を1冊の本にまとめました。

ICL手術の1体験者として、良いところも悪いところも包み隠さず赤裸々に書いてみました。

Amazonの独占販売なのでKindle Unlimitedプライム会員の方ならKindle Owner’s Libraryにて無料購読できます。

ICLに興味がある方はよかったら参考にしてみてください。