インビザラインのケースを家に忘れて外出した時の対処法




インビザラインのケースを家に忘れたらどうする??

インビザラインのマウスピース矯正していると、たまに「やらかすこと」があります。

それは、

マウスピースケースを家に忘れて外出してしまう

という事態です。

インビライン ケース 忘れた

家を出てから

「あ、マウスピースつけてるのに、ケース家じゃん!やっば」

なんてことは容易に起こり得る事態です。

 

僕も先日、やってしまいました。

マウスピースをつけているにもかかわらず、ケースなしで外出したのです。

スケジュール的に戻るわけにはいかず、対処方法を考える必要がありました。

断食、絶食、マウスピースをティッシュに包む・・・・・

など数々の案が浮上しましたが、どれもこれもイケてません。

パワーは出ませんし、マウスピースの衛生的にも良くありませんから。

 

そこで、100円ショップ「DAISO」で「マウスピースの入れ物」を探してみたのです。

下のページで、キッチン用品売り場に「入れ歯の入れ物」が売っている、という情報をキャッチ。

キッチン用品売り場をウロウロしてみたのですが、マウスピースケースは見つからず。

何か「別のもの」にマウスピースを入れることにしました。

 

透明タッパでも良かったのですが、忘れ物のためだけにタッパを所有するのは、ちょっといただけません。

そこで、見出したのが「フリーザーバッグ」という選択肢。

フリーザーバッグとはご存じの通り、チェックで締められる袋のこと。

巷では「ジップロック」と商品名で呼ばれることもあります。

 

キッチン用品コーナーで目にした瞬間、

「あ、これだ」

と閃いたのです。

インビライン ケース 忘れた

1箱に数枚入っていて、1枚あたりの値段は安いです。

25枚入りのフリーザーバッグだったら、1枚あたり4円(税別)ですからね。

 

しかも、マウスピースを入れた後は捨てられます。

加えて、残りのフリーザーバッグは別の用途でも使えます。

僕は元来、フリーザーバッグを「領収書管理」の用途でも購入していたので、ちょうど欲しいと思っていたところでした。

 

しかも、フリーザーパックは1枚1枚新品なので衛生的。

安心してマウスピースを保管できますね。

 

実際に使ってみましたが、やはりこの対処法は正しかったようです。

インビライン ケース 忘れた

マウスピースをティッシュに包むより100倍マシ。

マウスピースにティッシュ繊維が絡みつく恐れもありますから。

最悪の場合、今のマウスピースを破棄し、新調する必要も出てきます。

 

お世話になっている矯正歯科でも

マウスピースをティッシュに包むのはやめてくださいね

と散々念を押されていました。

 

しかし、フリーザーバッグならば、一枚一枚が新鮮で、マウスピースの鮮度を保てますね。

マウスピースケースを家に忘れてしまった方は、一度冷静になり、街角でフリーザーバッグを探してみましょう。

 

それでは!

Lin