【人生初】男性のニキビ治療を皮膚科で受けてきた体験談




男性だけどニキビ治療を皮膚科で受けてみた

どうも、Kenです。名刺、収納してます。

 

20代後半に差し掛かり、肌の曲がり角を越えたようです。

ニキビができやすくなり、治りにくくなってきました。

首両サイド、左の頬にニキビができてしまい、治りづらく長期化し、ニキビ跡になってしまいました。

しかしながら、肌の勉強は全くしていなかったので、どうしたらいいかわからず余裕で放置。

よき友人に

「お前、とりあえず皮膚科に行け」

と言われてから、皮膚科デビューしてみました。

 

診察

まず症状の自己申告。

「左の頬」と「両側の首」にニキビができたと診察用紙に書いてみました。

 

医師から説明があり、

「ニキビは男性ホルモンの影響でできるので、老人や子供にはできないのです」

とのこと。

(男性ホルモンが原因なのか・・・・嬉しいやら悲しいやら・・・)

ニキビを見てもらったところ、すでに後期の状態に入っているらしく、ニキビ跡になる可能性があると言われました。。

来るのが遅かったですね。

 

処方

という感じで、厳正なる診察の結果、

「塗り薬と飲み薬で治していきましょう」

ということに。

 

飲み薬は、

  • FAD腸溶錠 10 mg
  • リボビックス錠 20 mg
  • ミノサイクリン塩酸塩錠 50 mg

の3種類。

 

 

最後の「ミノサイクリン塩酸塩錠」は1日に2回飲むタイプで、残りの2つは毎食1日3回飲むタイプです。

 

 

さらに、飲み薬だけでなく塗り薬を処方してもらいました。

これは「クリンダマイシンリン酸エステルゲル」という塗り薬。

洗顔の後に、1日2回ニキビに直接塗布するように指導されました。

治療を始めたばかりなので何とも言えませんが、コツコツやっていくしかなさそうですね。

 

診察料金

ここで気になるのが診察料金ですよね。

まず、皮膚科でかかるお金は1,240円。

そして、薬代金が1,190円なので合計、

2,430円

かかりました。

肌を見てもらって、薬をもらってこの値段ですから良心的です。

 

という感じで、ニキビ治療を初めて受けてみたのですが、やはり、

「肌の知識」が足りておらずドクターについていけなかったです。

ニキビ、というか、肌のメカニズムを勉強する必要があるなと感じた次第です。

僕自身、ニキビをキュアしたいので、治療を進めながら肌について勉強していきたいと思います。

 

それでは!

Ken




驚きの視力矯正治療の体験談が満載
ICL手術記

眼内コンタクトレンズ ICL(アイシーエル)のメリット・デメリットを1人の体験者として赤裸々につづってみました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です