横向きになっている右下の親知らずを抜歯してもらった体験談




ついに最後の親知らず抜歯へ

 

先日、ラスト一本残っていた

右下の親知らず

を抜歯してきました。

最後の一本は一番厄介。

「下の親知らず」ですし、横向きに生えてしまっていた代物です。

親知らず 横向き 抜歯

抜歯前から作業難航が予想されていたらしく、デンティストからも

「前回よりも苦しみ、そして、痛いかもしれないね」

と伝えられていたので恐怖しかありませんでした。

 

が、あと、親知らずは1本。

麻雀でいうと「リーチをかけた状態」だったので、勇気を出して抜歯してきました。

今日はその体験談を記しておこうと思います。

 

 

右下の親知らずを抜歯してもらった体験談

まず体験談ですね。

抜歯作業は他の親知らずと一緒で、

  1. 軽い麻酔
  2. 本麻酔

をしてから抜歯スタートです。

 

やはり、麻酔の注射は針を刺す時間が長く、くそ痛いのは変わりなかったです。

ただ、麻酔なしでぐりぐりやられるより1,000倍ましですけどね笑

痛みに堪えると、徐々に麻酔が効いてきて抜歯の準備が整ってきます。

麻酔から10〜15分ぐらい経ってから抜歯スタートしましたね。

 

押してトライ

前回と同様に、

親知らずを押すだけで脱臼できるかの試みです。

押してぽろっと取れればこっちものですからね。

が、しかし、デンティストが2〜3回トライしても抜歯できず、この手法は見送ることに。

 

グラインダー登場

そこで登場したのが、前回の「左下の親知らず」でもお世話になった「グラインダー」です。

グラインダーで歯を削り、親知らずを小さくしてから脱臼を狙う作戦。

が、今回は親知らずにグラインダーを入れた時点で痛みが発生!!

歯がいてえよ!泣

 

耐えかねてデンティストに

「い、いたいです」

と伝えてたら、もう一本麻酔を打ってもらいました。

麻酔注射は痛かったのですが、痛い状態で削られるよりはマシです笑

 

気づいたら6分割

抜歯手法は前回とだいたい一緒。

切って押して、切って押して、切って押して、切って押して・・・

という作業をループで繰り返すのです。

 

「うりゃ!あ、うーん、ダメか・・・・」

「(ふがああああ)」

「あ、じゃあもう一回削っていきますね」

「(ふぁい)」

 

という感じで、グラインダーで切った後に抜歯できるかトライ。

 

僕の場合、親知らずを6分割することになり、麻酔開始から1時間近く経過していました。

親知らずは原型を留めないほどの「ミニサイズ」になりましたが、ようやく全てのピースが摘出されたようです。

抜歯全体の長さはおそらく、40〜45分ぐらいあったんじゃないかなと思います。

前回より苦戦したので、抜歯後の痛みも大きいことが予想され、デンティスト曰く、

「麻痺が残るかもしれないです。翌朝に麻痺が残っていたら連絡してくださいね」

と怖い発言をされました。

 

縫う

あとは歯茎を縫ってもらって終了です。

この作業工程はそんなに痛くなく、麻酔が効いているので苦しみもありません。

 

費用はどれくらいかかった?

今回かかった費用は2,530円。

  1. ロキソニン
  2. フロモックス

が処方され、僕の抜歯物語は終了です。

 

 

横向きの親知らず抜歯後の話

抜歯後のことも書いておきましょう。

前回の左下の親知らず抜歯の経験から、

抜歯直後にすごい痛みが襲ってくる

とわかっていたので、歯科を出た直後にロキソニンを1錠服用しました。

デンティストからも忠告があったので、前回よりも痛みを警戒していたのです。

 

がしかし、前回よりも痛みが少ない!?

あれ!?どうした?親知らず?

 

帰りの道中でもそれほど痛くないですし、自宅に帰ってからも、まあ、そんなに痛くはありません。

ただ、

唾を飲み込むと喉が痛い

という苦しい症状は前回と一致。

唾を飲み込めず、うまく喋れないような状態が続いていました。

 

しかしながら、前回ほどの痛みではない!!!なぜだ!?

晩飯、朝飯は「おかゆ」と「ウイダーゼリー」で凌ぎましたが、その次の「ランチ」は普通にお腹が減ったので、

カレーうどんを食べたほどです。

僕自身が強くなったのか??

もしくは、親知らずの痛みが弱くなったのか?

何はともあれ、前回ほど痛まず助かりました。

 

しかしながら、抜歯の痛みは良かったものの、

痛みの長さは前回よりも長かった!!

前回は1週間ぐらいで痛み止めから卒業していたのですが、今回は抜歯から10日経っても「弱い痛み」が続き、10日間ぐらい痛み止めを飲んでいました。

いやあ、親知らずもわかんねえやつだな!

 

糸取り

まだ1つだけ作業が残っています。

抜歯後に糸をといてもらうフェーズです。

一週間後に、再び歯科の門をくぐり、糸を抜いてもらいました。

 

歯茎を見てもらうと

「若干まだ腫れてますね」

と腫れてる様子を確認。

そんなに痛くなかろうと油断していたら、いきなり「パチン」と糸を切るような動作がありました。

パチン!

 

何かが弾けたような感触があり、痛みを感じて思わず

「ういて!」

と声を上げてしまったほどです。

「すみません。痛かったですね。これで終わりですよ」

 

糸取りには160円ほどの費用がかかり、作業時間はおおよそ5分ぐらい。

糸取りはすぐに、安くやってもらえるのが良かったですね。

 

 

親知らず抜歯、DONE

という感じで、横向きな右下の親知らずもなんとか抜歯に成功。

難易度が高いだけあって、異次元の痛みを覚悟していたのですが、前回ほど強烈ではないのが不幸中の幸いでした。

なにはともあれ歯科矯正のための親知らず抜歯は終了です。

あとはインビザラインでコツコツ歯並びを整えていくだけですね〜

 

それでは!

Ken